サビや騒音だけじゃない!水道管の劣化は水のトラブルの原因

見えない部分で水道管の劣化が進行している 見えない部分で水道管の劣化が進行している

水道管が劣化するとどんなトラブルが起こるのか

水道管の劣化に気づかず、水のトラブルが起こってしまうと被害が大きくなる恐れもあります。実際に起こった事例から学んでいき最適な対策を考えましょう。

水道管の劣化によって起こる水のトラブル

ウォーターハンマー現象で悩まされました・・(30代/男性)

マンションが古いことは対して気にしていませんでしたが、給水を行なうたびに水道管から妙な音が鳴るのがストレスでした。水の圧力が配管に伝わり、振動して音が鳴るウォーターハンマー現象が原因だったようです。この時は、壁が薄く隣の住人が水を使うと、その音まで響くので睡眠不足でしたね。

劣化が原因で水漏れしました(40代/女性)

ビルを所有しているのですが、その内の1つが劣化していてテナントの契約者からクレームがきました。内容を聞くと水道管から漏れた水で、床が水浸しになってしまったとのこと。原因となっている外壁部分の修復はすぐに行ないましたが、後日テナントの契約者から床の修繕費用を請求されました。メンテナンスの大事さを痛感した出来事でした。

水道管の劣化は様々なトラブルを招く

水道修理

水に赤サビが混じって配水された場合、水道管で腐食が進んでいるはずです。その水は飲むことはできず、入浴や洗濯、生活の全てに影響を及ぼしてしまいます。また、腐食部分から水漏れが起これば、カビの発生や外壁のシミの原因となります。配水のたびに妙な音が鳴る、この状態はウォーターハンマー現象と呼ばれ、配管の劣化で起こります。この他にも、給水量の変化や水の濁りなど、いつもと様子が違うと感じたらすぐに確認して対処しましょう。

TOPボタン